swift.net

iphoneとandroidのアプリ開発に用いられる言語を解説

アプリ開発について知ろう

アプリ開発とは、iphoneやandroidなどのスマートフォンにて動作するソフトウェアを開発することです。具体的な作業はプログラミングとなり、iphoneの場合はSwiftやObjective-Cという言語を使用し、androidの場合はJavaを使用します。

[PR]人気プログラミングスクールを大公開
専門的なスキルを身に付けよう

iphoneアプリ開発業者の選び方やアプリ開発の流れ

アプリケーション

アプリ開発専門の業者に依頼する

一般的にアプリ開発というと、パソコン用のWindows用のソフト開発やサーバーを制御するためのアプリ開発、須磨-フォン用のアプリ開発など幅広いです。iphoneやandroidのアプリ開発をお願いする時は、スマートフォン専用のアプリの開発実績が豊富にあるところを利用すると良いでしょう。また、iphoneとandroidでは、プログラミング言語やオペレーティングシステム、開発プラットフォームが異なりますので、iphone用のアプリ開発を行うのであれば、iphone用のアプリ開発実績が豊富な業者、android用のアプリ開発を行うのであれば、android用のアプリ開発実績が豊富な業者を選択するのが得策です。

アプリ開発の流れ

アプリ開発を行うにあたり、最初に仕様の検討を行い、仕様書を作成します。この時にはアプリの動作や画面デザインなどを仕様としてまとめていきます。仕様書が完成すると、アプリの全体の動作を決定するフローチャートを作成します。フローチャートが完成すると、フローごとにプログラミング作業を行います。一般的には、フローごとでデバッグ作業を行い、徐々にフローを接続して最終的には全体のフローを結合してデバッグ作業を行います。また、プログラミングの際に以前設計したことのあるモジュールが生かせる場合は、過去の資産を取り込み、最終的にはプログラマーだけで無く、品質管理部門や一般に募集したモニターユーザーなどに使用してもらいバグ出しを行います。全てのバグを取り除いたらリリース完成です。