iphoneアプリ開発を業者に依頼するメリット
swift.net

iphoneアプリ開発に必要な能力を確認しよう

自分で開発する場合と業者依頼した場合はどちらがお得?

プログラマーがいない場合は業者委託がお得

プログラマーがいない場合は、新規でプログラマーを雇わなければなりません。その工数は、アプリ開発を業者委託するよりも高い人件費となるため、プログラマーがいない時は業者委託がおすすめです。

プログラミングスキルがあれば自作がお得

iphone用の開発環境は無料でアップルストアからダウンロードが可能です。プログラミングにはswiftやObjective-Cを使用しますがこれらの言語が使えるのであれば、自作すれば実質無料でのアプリ開発が可能です。

アプリ開発専門業者の優れたサービスTOP5

no.1

企画段階での相談に乗ってくれる

アプリ開発の経験が豊富にある業者の場合は、世の中でどのようなアプリがヒットするのかなどのマーケティング情報を持っています。それに基づき、企画段階からアドバイスがもらえます。

no.2

仕様決定にあたりアドバイスをくれる

アプリ設計経験が豊富な業者の技術者は、アプリでできる技術限界を知っています。そのため、限界ギリギリまでのテクニックを駆使して、依頼者が考えていた仕様を上回る機能の提案が受けられます。

no.3

短納期での開発を行ってくれる

実績豊富な業者であれば、これまで開発してきたソースコードを豊富に持っているため、それらを流用することで高品質・短納期にて開発をおこなってくれます。

no.4

アップルストアーへの登録作業を行ってくれる

iphone用のアプリの場合は、リリースする際にはアップルストアーに登録する必要がありますが、登録時の審査でリジェクトされてしまうことがあります。業者に頼めば登録が完了するまでフォローしてくれます。

no.5

アフターサポートが受けられる

アプリのリリース後にユーザー報告によりバグが判明することも良くあることです。また、iOSのアップデートにて自分たちの開発したアプリに影響が出ることもあります。このような時に問題を解消してくれるアフターサービスが受けられるのもメリットです。

iphoneアプリ開発を業者に依頼するメリット

男性

アプリ開発に必要なスキル

アプリ開発に必要なスキルとしては、マーケティング能力と発想力です。アプリを使用する想像し、どの年齢層の人にどんな要望があるのかなどを調査し、これまで無かったアプリを思いつく発想力が大切です。また、アプリでどのような機能まで実装できるかを知っておくためにも、ハードウェアやソフトウェアの知識もある程度は必要です。

iphone専用アプリの特徴

iphoneアプリはiOSというオペレーティングシステム上で動作していて、OSの良さとアプリの動作速度の速さが相まってスムーズな動作が行えるようになっています。また、androidではスマートフォンが古くなると、アプリの動作スピードは格段に落ちてしまいますが、iphone用アプリの場合はスマートフォンが古くてもさほど動作スピードが落ちないのが特徴です。また、アプリはアップルストアーにて管理されているため、アプリにウイルス混入の可能性が少なく安心して利用可能です。

iphone向け専用アプリの開発方法

iphone向けアプリを開発するには、アップル社のmacというパソコンが必要です。このパソコンに、Xcodeというアプリ開発環境をダウンロードします。Xcodeはアップルストアーから無料でダウンロードできます。次に、Xcodeを利用しながら、画面デザインを行うと同時に、swiftやObjective-Cなどの言語を利用してプログラミングを進めていきます。

業者に依頼した場合の費用相場

アプリ開発の価格相場としては、アプリの種類やプログラムコードの規模によって異なりますが、簡単なものであると10万円程度から開発が可能です。ゲームなどであると、ゲームの複雑さにより異なるため、300万円から1,000万円と価格幅が広くなります。また、通話やSNS連携などの機能と絡ませると開発費も高くなる傾向となります。基本的にはアプリの開発費用は技術者の工数によって決定します。目安としては技術者一人あたり一月の工数が50万円前後です。