androidアプリの特徴や開発する手順を知りましょう
swift.net

androidアプリの開発を依頼する時のポイント

androidアプリの特徴や開発する手順を知りましょう

システム

androidアプリの特徴

androidアプリの特徴としては、デスクトップ用のパソコンに比べて様々な制約があります。最も大きな制約は画面サイズが小さいことです。画面サイズが小さいためにパソコンのようにたくさんのウインドウを一度に表示することができません。また、電話機能に支障が出ないようにフレームワークの設計に工夫が必要になっています。更に、androidは、マルチタスクをサポートしていますが、パソコンと比較すると制限されたものになっています。

androidアプリの開発手順

androidアプリを開発するにあたって、最初にどのようなアプリでどのような画面デザインとするのかを記載した設計仕様書を作成します。その後、細かなアプリの動作を記載したフローチャートを作成し、フローチャートに基づきプログラムをモジュール化していきます。次に、JAVA言語を使用して設計に入っていきますが、過去に設計した資産が生かせる場合は流用します。一通りのプログラム開発が終了したらデバッグ作業を行い問題点が無ければリリースとなります。

アプリ開発専門の業者への依頼方法

androidアプリを業者に作ってもらう場合は、複数の業者にアプローチをして、業者に対して仕様の説明を行います。業者の意見を聞きながら仕様がよりよいものに変更になることもあります。次に、見積もりをもらいます。見積価格と、業者の提案力を考慮しながら依頼する業者を決定します。依頼する際には開発スケジュールもしっかりと確認する必要があります。また、アフターサポートについても打ち合わせが必要です。

業者依頼の前に決めておきたいこと

まずは、アプリを何のために作るのかを決めておく必要があります。アプリのゴール地点が分からないとどんなアプリを作って良いのかイメージが付けづらいため、アプリ制作会社からも良い提案を受けることが不可能になります。また、アプリのデザインについてもある程度のイメージを固めておく必要があります。更に、開発費用の上限を決めておくことも大切です。アプリ開発費用は上限がありませんので、欲張っているうちに一気に価格がアップしてしまうことがあります。

まずは見積もり依頼!

通常は、アプリ開発にかかる見積もりを取るのは無料ですので、数多くの会社に見積もりを依頼するのが良いでしょう。大手の会社と小規模な会社では見積価格も異なりますし、開発期間も変わってきます。